117

0000.00.00

山口 蓮歩/ caffe OTTO.cyclo

「料理」


はじめに。私は小さな時から人の笑顔や幸せそうな顔をみるのが好きです。

「将来はお寿司屋さんになれるんやない?」
今でもこの言葉を鮮明に覚えています。
当時の私は5歳。自分の料理で人を笑顔にする楽しさを幼いながら感じていました。

料理が好きで楽しくて、
なによりも私の作った料理で美味しいと言ってもらえることとその笑顔を見れることが嬉しくて、
何回も何回も台所に立っては料理を披露してきました。

20年間生きてきた中で"料理"はいつも私の近くにいました。
初めて包丁を握ったのは幼稚園の時。
りんごを剥くところから始まり、毎朝お父さんのお弁当の卵焼きを作ったり、
部員の誕生日にはケーキを焼いたりしていました。

そんな頃将来の分かれ道である大学の選択の時期になりました。
私は人の笑顔を見ることがすきです。
だからこそ様々な職業と悩みました。
しかし自分の人生を振り返ると、近くにいたのは"料理"であり、
"料理"は私だけでなく人間の人生にかかせないものであると気づきました。
なので私は"料理"に携わることに決めました。

本格的に"料理"と触れ合うようになると、辛いことや壁にぶつかることも難しいこともたくさんありました。

しかし、"料理"は人を笑顔にさせるだけでなく沢山の人と繋がることができると知りました。

将来の夢は自分のお店を持つことです。
夢でっかく根は深く。

これからもたくさんの人との繋がりを大切にし、
喜んでもらえるようなサービスやおもてなしをして行きたいと思います。


OTTO.スタッフコラム

OTTOスタッフ

オリジナル人間にあふれたオットー。友情は瞬間が咲かせる花であり、そして時間が実らせる果実である。
byコッツェブー
それぞれの“今”をここに紹介。

バックナンバー

福岡のカフェ「オットー」/ CAFFE OTTO|OTTO.スタッフコラム

ottoスタッフブログ

OTTOスタッフブログをもっと読む

カフェオットースタッフコラム

カフェオットー各店舗スタッフ募集

CAFFE OTTO.(カフェオットー)の各ショップ紹介

  • CAFFÈ OTTO(カフェ オットー)
  • CAFFÈ OTTO.Piu(カフェ オットー・ピゥ)
  • CAFFÈ OTTO.Cyclo(カフェ オットー・シクロ)
  • pâtisserie BOTTEGA OTTO(パティスリー ボッテガ オットー)
  • Water site OTTO(ウォーターサイトオットー)
  • Branch OTTO(ブランチ.オットー)
  • お問い合わせ
  • カフェオットーツイッター/caffe otto twitter
  • OTTO(カフェオットー)フェイスブック FACEBOOK