112

0000.00.00

濱口 誠 / cafe otto.cyclo

「今の私」


私は、小さい頃たくさんの夢がありました。
小学生の頃に地元のサッカークラブに所属しておりその時の夢はサッカー選手でした。
小学生の高学年の時には、スーパー戦隊の救急戦隊ゴーゴーファイブを見て消防隊になりたいと思ってました。

中学生の頃は、まだ何がしたいのか決まってなく夢という夢はありませんでした。

高校生の頃に、自分の祖母祖父と父が家で喫茶店をやっていたという話を聞きました。

昔から、父は料理が好きで休みの日の晩御飯の料理を作っている姿を小さい頃から見てました。
そんな父の背中を見て自分も料理をしてみたいという気持ちが芽生え初めてきたのが中学生の頃でした。
まだ、その時は将来料理を作る仕事をしてみたいという気持ちはありませんでした。

自分で料理を作り始めて、料理がこんなにも楽しいものなんだと思い始めて自然と将来やってみたいことが決まってきました。

将来料理人や自分の店を持ちたいと思いを決めたのは、高校の頃でした。

高校は、少し遠い糸島まで行きました。

地元の公立の高校は自分の偏差値では、足りずそれ以外だと私立になってんですが
私立は正直学費が公立より倍以上かかるとのことだったので、無理してでも公立に入ろうと頑張りました。

そしたら、公立で偏差値が足りる学校がありそれが糸島農業高等学校でした。

私は、週一で調理実習がある生活科学科に入学しました。農業学校だけあって授業の大半が実習でした。
苗植えや田植えや稲刈り、牛、ヤギ、馬の世話、ミカン狩り、乗馬体験など普段体験できないことをすることが出来ました。

その中で、野菜を育て収穫をした野菜を使って文化祭の出店(おでん屋)をしました。

おでんを買っていくお客さんを見て、おいしそうに食べている所や美味しかったですありがとうと言われたときに、
料理で人を笑顔に出来る仕事をしたいと強く思いました。

それからは、料理の専門学校に行き一年生の時は焼き鳥屋でバイトをして二年生の時にオットーに出会いました。


オットーで働き始めて約一年と七ヵ月ほど経ちました。
今は、オットーの社員になりたいという目標がありますが、
将来は自分の店を持ちたいという気持ちもあります。

今、私ができることを全力でやっていくことが夢への近道だと思ってます。

昔は、漠然とした夢でしかなかったのですが今は少しだけ夢の形が分かって来ました。

これから、いろいろなことを学び成長をして頑張っていきたいです。


OTTO.スタッフコラム

OTTOスタッフ

オリジナル人間にあふれたオットー。友情は瞬間が咲かせる花であり、そして時間が実らせる果実である。
byコッツェブー
それぞれの“今”をここに紹介。

バックナンバー

福岡のカフェ「オットー」/ CAFFE OTTO|OTTO.スタッフコラム

ottoスタッフブログ

OTTOスタッフブログをもっと読む

カフェオットースタッフコラム

カフェオットー各店舗スタッフ募集

CAFFE OTTO.(カフェオットー)の各ショップ紹介

  • CAFFÈ OTTO(カフェ オットー)
  • CAFFÈ OTTO.Piu(カフェ オットー・ピゥ)
  • CAFFÈ OTTO.Cyclo(カフェ オットー・シクロ)
  • pâtisserie BOTTEGA OTTO(パティスリー ボッテガ オットー)
  • Water site OTTO(ウォーターサイトオットー)
  • Branch OTTO(ブランチ.オットー)
  • お問い合わせ
  • カフェオットーツイッター/caffe otto twitter
  • OTTO(カフェオットー)フェイスブック FACEBOOK